www.bon-inc.com

動画のダウンロード・視聴はこちらから

スパーキー佐藤「早漏革命」の動画は下記リンク先からダウンロードが出来ます。

 

興奮対策は意外な盲点でした

スパーキー佐藤の早漏対策の内容を知って一番驚いたのは、興奮の対策法がある事。

 

早漏の対策と聞いたら、つまりはペニスをしごかれて気持ちよくなってもすぐにイカないようにする方法だからペニスへの刺激に対してどうにかするものだと思いますよね。
もちろんそういう対策法もありまして、これは「刺激対策」と称されています。ちんちんを刺激に対して強くするためのトレーニングなんです。

 

しかしそれとは別にもう一つの早漏対策の柱として「興奮対策」があるんですね。そんな事を考えた事が無かったです。
確かに私達オトコというものは、自分好みのエッチな動画とかエロ漫画を求めます。もちろん観ながらオナニーをする。自分好みのオカズ=より興奮出来るオカズを使う事でオナニーがより気持ちよくなりますし、良いオカズで興奮し過ぎてものすごくちんちんが気持ちよくなりあっという間に射精してオナニーが終わってしまった経験は誰でもあるよね。
そう、興奮でオトコはペニスがより気持ちよくなってしまうし、より早く射精に至ってしまう。だから興奮を抑えるのは早漏の対策法として効果があるんです。

 

でもそうは分かっても目の前に彼女が素っ裸でいて抱き合っているのにどうやって興奮を抑えるのかなんて想像が付かないでしょ?
これは驚きの内容なんです。

 

射精しそうになってしまったらもう我慢出来ない

もう一つ、「言われてみれば確かにそうだ」と思ったのが、射精しそうになってしまったらもう射精は我慢出来ないという事。

 

オトコの興奮具合は6段階あって、射精寸前の状態まで高まってしまうともうどうやっても我慢が出来ないという事なんです。
確かにオナニーでイキそうになって一旦シコるのを止めても、少し落ち着いてまたシコり始めると速攻でイキそうになって結局すぐに射精してしまうもんね。

 

「どうやれば射精をもっと我慢出来るのだろう?」=「射精を我慢出来るようになるのが早漏の対策法」と漠然と捉えていたのですが、実際はそうではないのです。我慢なんて出来るわけがないので、射精しそうになる前の段階で留められるようにするのが早漏の対策法であり射精コントロールという事なんです。

 

同じような勘違いをしているオトコって結構たくさんいると思います。

 

スパーキー佐藤はあんまり出てこない

動画の解説は覆面プロレスラーみたいな覆面した人が喋るばかりで、スパーキー佐藤はいるだけであんまり言葉を発しませんww
スパーキー佐藤を前面に押し出しているのにそれで良いのかと感じますけど、まあ早漏の対策法の内容とは関係ない事なんで良しとしますか。

 

そもそもスパーキー佐藤なんていうAV男優、聞いた事無いよね。

 

page top